ソフトクリームは2回転半、クレープは5mm

以前、ラーメンやソフトクリームやクレープなど小腹が空いた時にちょっと立ち寄って食べていこうかな?と思えるような学生や主婦などに人気のお店でアルバイトをしたことがありました。

ラーメンは店長やベテランのアルバイトさんが作っていました。

私はもっぱら、ソフトクリームやクレープ専門でソフトクリームは2回転半がそのお店の決まりだったんですが、3回転の大盛バージョンになってしまうとお客さんに出せなかったんですよ。

たぶん、3回転のソフトクリームを食べたお客さんが次に食べた時に「少ない」って思ってしまわないようにだとは思うのですが、失敗した時は、自分たちのまかないになるのでわざと失敗している子もいましたよ。

ソフトクリームの「巻き」には技術がいるんですよ。ちょっと、腰を落としてバランスを取りながら巻くんです。斜めになったり、少なすぎたり、多すぎたりしてはいけないんですよね。難しかった。

クレープも然り、お玉一杯の生地を伸ばす作業が厚さを均等に、薄すぎず、厚すぎずで作るのって至難の業でした。

それでも、ずっとやっているとそれなりに上手になっていくものなんですね。
おもしろいアルバイトでした。